速度

PS4のオンラインゲームには通信速度がどのくらい必要?

投稿日:

PS4でオンラインゲーム、通信速度はどれぐらい欲しい?

どうも、ヒロです。

少し前までは、オンラインゲームと言えばパソコンでプレイするのが当たり前でした。

逆に言うとパソコンが無ければオンラインゲームができませんでしたが、
最近はPS4など家庭用ゲーム機でもオンラインゲームが楽しめるようになっています。

でもオンラインゲームって、短時間で大量のデータ量をやり取りするイメージで、
めちゃくちゃ速い通信速度が求められると思っていませんか?

実は私も時折PS4でオンラインゲームをプレイするんですが、
プレイするまではそう思っていました。

しかし実際には、オンラインゲームに必要な通信速度はダウンロード・アップロード
ともに2~3Mbps程度で、5Mbpsも出ていれば問題無くプレイできます。

光回線を使っているなら5Mbps以下になる方が珍しいですし、
何ならADSL回線でも良いぐらいですよ。

オンラインゲームでは、画面内のキャラクターの位置情報など限られた情報の
やり取りしかしていないので、通信速度の速さはそれほど求められないんですね。

できれば10Mbps以上は出た方が良い?

オンラインゲームでも、
FPSなどの対人対戦ゲームや「モンハン」のような他プレイヤーとの協力プレイが
必要なゲームでは、通信が途切れるようなことがあってはいけません。

プレイ中に通信が一瞬でも途切れるようなことがあると、対人対戦では不利に
なりますし、協力プレイでは他プレイヤーの足を引っ張ることになってしまいます。

オンラインゲームをプレイするには、通信速度が5Mbpsも出ていれば十分ではあります。

しかし5Mbps程度だと、途切れないまでも何かの拍子に通信速度が
急に遅くなったりして、ゲームの推奨環境以下にまで落ちてしまわないとも限りません。

ですから、通信速度によって不利になったり足を引っ張ったりすることが
無いようにするには、10Mbps以上を目安にした方が良いと思いますよ。

プレイには必要無くても、PS4で通信速度が速いに越したことはない

オンラインゲームを問題無くプレイするには5Mbps以上、
できれば10Mbps以上の通信速度は欲しいところです。

このようにプレイ自体にはそれほど通信速度の速さは求められないものの、
PS4でオンラインゲームをするなら通信速度はより速いに越したことはありません。

PS4でオンラインゲームをする場合、パッケージ版を購入することもあるでしょうが、
PlayStation Storeでダウンロード版を購入することも多いと思います。

またパッケージ版を使う場合でも、
アイテムや追加コンテンツなどをダウンロードすることがあります。

最近のオンラインゲームは以前に比べて、内容はもちろんグラフィックなども
格段に向上しているため、データ容量が大きくなっています。

ゲームによって違いはあるものの、
PS4だと20GB・30GBといったデータ容量が大容量のものもあります。

通信速度が遅いとこれだけの大容量をダウンロードするのに、
数時間・数十時間掛かってしまったりするんですね。

プレイするまでにこれだけ時間が掛かるとなると、いくら楽しいゲームでも、
やる気が削がれてしまいます。

数秒数十秒とは言いませんが、数分長くても十数分でダウンロードを終わらすためには、
100Mbps200Mbpsと通信速度はより速い方が良いというわけです。

PS4の通信速度を速くするには

光回線を使っていて回線自体の通信速度は速いはずなのに、
PS4に繋ぐと思ったほど通信速度が出ないということもあると思います。

ではPS4の通信速度をアップさせるにはどうすれば良いのでしょうか?

ルーターやPS4の設定を変更するなどといった面倒なことをする必要は無く、
 ・WiFiではなく有線で接続する
 ・ルーターの位置を変える
 ・機器を再起動する
などごく簡単なことでPS4の通信速度をアップさせることができるんです。

WiFi接続は通信が不安定になりやすい

一昔前だと、
モデムやONUとパソコンを有線接続してインターネットを使うということもありました。

しかし最近はWiFiルーターを使って光回線を無線化し、パソコンだけでなく
スマホやPS4など複数機器をWiFi接続していることがほとんどだと思います。

WiFi接続は、LANケーブル不要で複数機器を同時に接続できるメリットがあるものの、
有線接続に比べて通信が不安定になりやすいというデメリットもあるんですね。

WiFiの電波は、周波数の関係で直進性が強く、
障害物を避けて進むということがあまり得意ではありません。

なのでWiFiルーターとPS4などの機器の間に人が通っただけで、
通信速度が大幅に落ちたり、酷い場合は通信が途切れることもあります。

有線接続であれば、LANケーブルが抜けさえしなければ、通信速度が急に遅くなったり、
通信が途切れたりといったことはほとんど無いです。

ですからPS4でオンラインゲームをプレイする場合は、
WiFi接続ではなく有線接続にした方が良いんですね。

WiFiルーターの位置を変えるだけで通信速度が劇的にアップする!?

家の間取りなど色々な事情で、
WiFiルーターとPS4をどうしても有線接続できないということもあると思います。

そんな場合は、
WiFiルーターの位置を変えるだけでも通信速度が大幅にアップすることがあります。

先にも書いたようにWiFiの電波は障害物の影響を受けやすいですから、
WiFiルーターとPS4の位置関係によっては電波が届きにくくなってしまいます。

なので、できるだけ間に障害物が無い位置関係となるように、
WiFiルーターとPS4の置き場所を変えるのも有効なんです。

実際WiFiルーターの位置を10cmほどずらしただけで、
通信速度が大幅にアップしたということもあります。

WiFiルーターの近くに置いてはいけないものって?

全く別の機器から発せられた電波でも、周波数が同じであれば、
互いに干渉しあって弱まってしまうことがあります。

WiFiルーターと同じ周波数の電波が使っている一般的な電化製品もあり、
その近くにWiFiルーターを置いているとWiFiが繋がりにくくなったりします。

WiFiルーターと同じ周波数の電波を使っている主な電化製品としては、
「電子レンジ」と「コードレス電話」です。

ワンルームだとWiFiルーターと電子レンジが近い位置になることもありますし、
コードレス電話などとWiFiルーターをまとめて一か所に置いていることもあるでしょう。

電子レンジやコードレス電話の近くにWiFiルーターを置いていると、
電波干渉によって電波が弱まり、結果的に通信速度が遅くなってしまいます。

PS4との位置関係も重要ですが、電波を使っている他の電化製品と
WiFiルーターとの位置関係も考えないといけませんよ。

WiFiルーターをワンランク上のものに買い替える

WiFiルーターとPS4の位置関係によって電波が届きにくくなっているのではなく、
単純にルーターのWiFi出力が弱いということも考えられます。

WiFiルーターは機種によって
 ・ワンルーム用
 ・2階建て又は3LDK用
 ・3階建て又は4LDK用
などといった推奨環境が決まっています。

ただWiFiの電波は障害物の影響を受けやすいですから、家の間取りにピッタリの
ものだと部屋の位置関係によっては電波の届きにくいところも出てきてしまいます。

ですからWiFi電波を家の隅々まで行き渡らせるためには、
家の間取りよりもワンランク上の推奨環境のWiFiルーターを使う方が良いんですね。

WiFiルーターの買い替えが難しい場合には、
「中継器」を使ってWiFi電波を届く範囲を広げる方法もあります。

WiFiルーターやPS4の位置を変えても通信速度が改善されない場合は、
WiFiルーターの買い替えや中継器の利用を検討してみましょう。

WiFiルーターやONUの再起動で「通信のゴミ」を掃除して通信速度アップ

PS4はともかく、WiFiルーターや光回線の終端装置であるONUは、
使い始めてから電源入れっぱなしという人も多いんじゃないでしょうか。

WiFiルーターやONUの電源を入れっぱなしにしていると、
キャッシュなどのいわゆる「通信のゴミ」が溜まってしまいます。

キャッシュは過去に利用したサイトなどの情報を一時的に保存したもので、
これがあるとよく利用するサイトなどはスムーズに閲覧することができます。

インターネットを使う上では便利なんですが、反面溜まりすぎると「ゴミ」となり、
ルーターやONUの処理能力を下げてしまうんですね。

そこで定期的に再起動してこうした通信のゴミを掃除してやると、WiFiルーターや
ONUの処理能力が落ちないので、通信速度も遅くならないというわけです。

ちなみにWiFiルーターやONUの再起動は、電源ボタンがあるなら
一旦OFFにしてから入れ直す、無い場合はコンセントを抜き挿しするだけです。

WiFiルーターやONUの設定は保存されていますから、
電源を入れればまた元通り使えるようになりますよ。

PS4でオンラインゲームをする場合に通信速度の他に気にした方が良いことは?

PS4に限らず家庭用ゲーム機でオンラインゲームをプレイする際には、
回線の通信速度も重要ですが、「Ping値(ms)」の方がより重要なんです。

Ping値はいわゆる「レスポンスの速さ」を表す数値で、
プレイヤーの操作が画面内に反映されるまでのタイムラグのことです。

数値が小さいほどタイムラグが少なく、オンラインゲームでは最低100ms以下、
快適にプレイするのであれば60ms以下が良いとされています。

一般的な光回線のPing値は20ms程度ですから、
オンラインゲームをプレイするには全く問題ないどころか望ましい環境なんですね。

モバイル回線でオンラインゲームはできる?

場合によっては自宅に光回線を引くことが難しく、モバイルルーターなど
モバイル回線を固定回線代わりに使っている場合もあると思います。

モバイル回線でもオンラインゲームができないことはありませんが、
光回線に比べれると向いているとは言えません。

オンラインゲームでは通信速度よりもPing値が重要なんですが、
モバイル回線はPing値が総じて高いんです。

例えばモバイルルーターの代表格であるWiMAXでは、
Ping値が80~100ms程度となっています。

他のモバイル回線も同じような感じですから、何とかプレイできるぐらいのPing値で、
快適にプレイできる環境ではないんですね。

PS4の通信速度やPing値はどうやったら分かる?

使っている回線の通信速度やPing値が、PS4でオンラインゲームをプレイするのに
適しているかどうかを調べるにはどうすれば良いのでしょうか?

通信速度は、PS4をインターネットに接続してホーム画面の「設定」から
「ネットワーク」に進み、「ネットワーク接続を診断する」で簡単に調べることができます。

同じ回線を使っていても、曜日や時間帯によって通信速度は上下します。

ですから曜日ごと時間帯ごとに通信速度を測っておいて、
オンラインゲームのプレイにはいつが適しているのかをチェックしておくと良いですよ。

Ping値については、PS4よりもパソコンやスマホなどを使って調べる方が簡単です。

本来はオンラインゲームのサーバーと通信する際のPing値を調べた方が
良いんですが、ある程度インターネットの専門的な知識が無いと難しいと思います。

ですからパソコンやスマホで通信速度が測定できるサイトにアクセスして、
通信速度とともにPing値も測定しましょう。
(サイトによってはPing値が測定できない場合もあるので注意)

パソコンやスマホとPS4でそれほど大きく変わることはないと思うので、
この方法でも通信速度やPing値を知る上では十分参考になりますよ。

また測定サイトによっては、
特定の地域と通信した場合の通信速度やPing値をを測定できる場合もあります。

国内と国外ではもちろん、
国内でもサーバーのある地域によって通信速度やPing値が変わってしまいます。

オンラインゲームのサーバーがどこにあるのか分かるのであれば、
こうしたサイトを利用することでより詳細な通信速度やPing値を知ることもできますね。

-速度

Copyright© ドコモ光は速い?プロバイダ選びが重要です! , 2018 All Rights Reserved.