ドコモ光の疑問

ドコモ光でWi-Fiを使うにはどうする?

投稿日:

ドコモ光をWi-Fi化したい!どうすれば良い?

どうも、ヒロです。

自宅でドコモ光を使うのであれば、Wi-Fi化したいところですよね。

ドコモ光を開通させただけではWi-Fiは使えないので、光回線終端装置(ONU)と
パソコンなどの機器を有線接続しないとインターネットが使えません。

パソコンは簡単に有線接続できるのでまだ良いですが、
スマホやタブレットを有線接続しようとすると特別な道具が必要となります。

ONUは接続できる機器数に限りがあるので何台も一度に繋ぐことはできませんし、
何よりONUの近くでないと使えないというのが不便ですよね。

しかしドコモ光をWi-Fi化すれば、接続にLANケーブルが不要になりますし、
パソコンやスマホだけでなく、テレビやゲーム機など10台ぐらい同時に
接続することも可能です。

そして無線接続ですから、ONUの近くでなくても、
家中どこでもドコモ光に接続してインターネットを楽しむことができるんですね。

ドコモ光でなくても光回線ならWi-Fi化した方が良いんですが、
実際にドコモ光をWi-Fi化するにはどうすれば良いのでしょうか?

ドコモ光をWi-Fi化するには、
 ・市販のWi-Fiルーターを購入する
 ・ドコモ光やプロバイダでWi-Fiルーターをレンタルする
 ・光電話に加入し、Wi-Fi機能付きのホームゲートウェイを設置する
の3つの方法があります。

Wi-Fiルーターは家電量販店や通販サイトで簡単に買える

ONUは特別な機器で市販されていませんから、
回線事業者からレンタルするしかありません。

しかしWi-Fiルーターは一般的な電化製品ですから、家電量販店はもちろん、
通販サイトでも簡単に購入することができます。

価格はピンからキリで、高性能なものだと20,000円も30,000円もしますが、
シンプルで安価なものは5,000円以下で買えます。

あまり安価な機種はシンプルすぎて、逆に初心者には使いにくかったりもするので、
最初は5,000~10,000円程度のミドルクラスのものが良いんじゃないでしょうか。

Wi-Fiルーターを購入する場合、最初に購入代金が必要なので、
レンタルよりも初期費用が掛かってしまいます。

しかし1年2年と長期間利用することを考えると、
毎月レンタル料を払うよりは購入した方が安く済むこともありますよ。

家の間取りより少し大きい推奨環境のWi-Fiルーターを選ぶ

Wi-Fiルーターには機種ごとに
 ・ワンルーム
 ・2階建て又は3LDK
 ・3階建て又は4LDK
などいった「推奨環境」が決められています。

Wi-Fiルーターの箱にちゃんと記載されていますし、
通販サイトで箱が確認できない場合は商品説明などに明記されているはずです。

推奨環境が大きいほど価格も高くなってしまうものの、できれば自分の家の
間取りよりも少し大きい推奨環境のWi-Fiルーターを選ぶようにしましょう。

Wi-Fiの電波は周波数が少し高めなので、
壁や階層を隔てるとどうしても減退してしまいます。

そのため間取りときっちり合ったものだと、部屋の位置関係によっては
Wi-Fiの電波が届かないところが出てこないとも限りません。

なので家の中で快適にWi-Fiを使うためには、2階建てなら3階建て用など
自分の家よりも少し大きい間取りに対応した機種を選んだ方が良いんですね。

推奨環境が大きすぎるのもあまり良くない

Wi-Fiルーターの推奨環境は自宅の間取りより大きめの方が良いんですが、
大きすぎるとあまり良くありません。

例えばワンルームに住んでいるのに、推奨環境が「3階建て又は4LDK」の
Wi-Fiルーターを使うのは良くないってことです。

Wi-Fiルーターは場所を区別して電波を飛ばすわけではないので、
推奨環境が自宅より大きすぎると家の外にまでWi-Fiの電波が届いてしまいます。

Wi-Fiに接続するにはパスワードが必要なものの、場合によっては隣の家の人や
表の道を歩いている人に「タダ乗り」される恐れもあるんですね。

タダ乗りされるだけならまだ良いですが、
悪意ある第三者に掛かるとWi-Fiを通してパソコンやスマホに侵入されかねません。

あくまで自宅の間取りより少し大きめのものを選ぶのが良いのであって、
何事も「過ぎたるは猶及ばざるが如し」ってことですよ。

ドコモ光やプロバイダからWi-Fiルーターをレンタルする

ドコモ光や一部のドコモ光指定プロバイダでは、
Wi-Fiルーターのレンタルサービスを行っています。

レンタルであれば、機種を選んだり買いに行く手間が省けます。

また通常利用の範囲内での故障が発生した場合には、無償で交換してもらえます。
(有償の場合もある)

そう簡単に壊れることは無いと思いますが、Wi-Fiルーターも機械ですから、
何が原因で故障するか分かりません。

故障した場合でも費用を掛けずに新しいWi-Fiルーターが手に入ることを考えると、
購入よりもレンタルの方が良いですね。

ただ、大抵は月額料金が300~500円ほど掛かりますから、
長期的に見ると購入するよりも費用が余計に掛かってしまいます。

プロバイダによっては無料でレンタルできる場合も

Wi-Fiルーターのレンタルサービスを行っているドコモ光の指定プロバイダの中には、
レンタル料が無料というところもあるんです。

Wi-Fiルーターが無料でレンタルできるのは
 ・GMOとくとくBB
 ・ANDLINE
 ・IC-net
 ・So-net
 ・ぷらら
 ・DTI
 ・OCN
などです。

「IC-net」は、無料でレンタルできる機種はお世辞にも高性能とは言えないので
あまりオススメできません。

しかしそれ以外のプロバイダはミドルクラス以上の機種が無料でレンタルできますし、
特にGMOとくとくBBは高性能と言っても良いぐらいの機種なのでオススメです。

無料とは言えレンタルですから、
通常利用の範囲内に置ける故障であればもちろん無償で交換してもらえますよ。

レンタルのデメリットは、毎月のレンタル料が必要で、
長期的に見ると購入するよりも費用が掛かってしまうということでした。

ところが無料レンタルであれば、当然レンタル料も掛かりませんから、
購入するよりも費用が高くなることはありませんよ。

「v6プラス」利用の場合はレンタルする方が良い?

通信速度が速くなるということで、
ドコモ光で「v6プラス」というサービスを利用することもあると思います。

実はこのv6プラスを利用するには、回線やプロバイダだけでなく、
Wi-Fiルーターもv6プラスに対応していないと意味が無いんです。

Wi-Fiルーターを購入する場合、v6プラスを利用しているにも関わらず、
v6プラス非対応の機種を選んでしまうリスクがあります。

レンタルの場合は、プロバイダがv6プラス対応であれば、
レンタルできるWi-Fiルーターもv6プラスに対応している場合がほとんどです。
(一部違う場合もあります)

確実にv6プラス対応のWi-Fiルーターを手に入れるのであれば、
多少費用は掛かってもレンタルする方が良いかもしれないですね。

光電話加入でWi-Fi機能付きのホームゲートウェイが入手可能

光電話に加入せずにドコモ光を開通させると、自宅に設置されるのはONUです。

しかし光電話に加入していると、
ONUの代わりに「ホームゲートウェイ」という機器が設置されます。

ホームゲートウェイは簡単に言うと、光回線のONUと電話回線の中継器の
両方の役割を持った機器で、これが無いと光電話は使えません。

ONUと同様に特別な機器なので市販はされておらず、
基本的にはドコモ光開通と同時にレンタルすることになります。

このホームゲートウェイにはWi-Fi機能が付いているものと付いていないものがあり、
希望すればWi-Fi機能付きのホームゲートウェイを設置してもらえます。

ただしWi-Fi機能が付いていないホームゲートウェイは無料でレンタルできますが、
Wi-Fi機能付きだとレンタル料が発生してしまいます。

NTT東日本管内と西日本管内で料金が違い、
 ・NTT東日本・・・月額300円
 ・NTT西日本・・・月額100円
となっています。

Wi-Fiルーターをレンタルする場合と同じで毎月料金が掛かるので、
長期的に見るとWi-Fiルーターを購入するより高くついてしまいますね。

Wi-Fi機能無しでも「無線LANカード」をレンタルすればWi-Fiが使える

Wi-Fi機能が付いていないホームゲートウェイでも、「無線LANカード」というものを
別途レンタルすればWi-Fi機能が使えるようになります。

無線LANカードはUSBメモリーのような形なので、
ホームゲートウェイ本体に挿して使います。

この無線LANカードのレンタルには、
Wi-Fi機能付きホームゲートウェイと同じ金額のレンタル料が必要です。

なのでWi-Fi機能を使いたいのであれば、
最初からWi-Fi機能付きのものを選んだ方が良いですよ。

すでにWi-Fi機能が付いてないホームゲートウェイを使っている場合には、
機器の入れ替えをしなくても、無線LANカードでWi-Fi機能が使えるということです。

ドコモ光でWi-Fiを使うのに申し込みやお金は必要?

Wi-Fiには別途申し込みが必要で、お金も掛かるので、
ドコモ光のWi-Fi化を躊躇っているという場合もあるかもしれません。

しかしWi-Fiは、ドコモ光やそのプロバイダが行っているサービスではありません。

ですからWi-Fiを使うことに関しては、どこかに申し込む必要は無いですし、
当然料金が発生することもありません。

もし光回線の代理店や工事業者に「Wi-Fi利用には別途料金が掛かる」
と言われた場合は、間違いなく騙そうとしているので注意しましょう。

ただしWi-FiルーターやWi-Fi機能付きのホームゲートウェイが必要で、
それを調達するには購入費用やレンタル料が必要となります。

Wi-Fiを使うこと自体は無料ですが、
Wi-Fiを使うために必要な機器にはお金が掛かるってことですね。

Wi-FiルーターやWi-Fi機能付きホームゲートウェイがあればWi-Fiは使える?

ドコモ光でWi-Fiを使うには、
 ・Wi-Fiルーター
 ・Wi-Fi機能付きホームゲートウェイ
のいずれかが必要です。

しかしこのいずれかがあればWi-Fiが使えるかと言うと、そうではありません。

Wi-Fiルーターやホームゲートウェイを設置して、
初期設定を行わないことにはWi-Fiは使えません。

この初期設定、あまり難しくはないんですが、インターネット初心者にとっては
非常に面倒でWi-Fiを使う上で高いハードルとなります。

私も自分でWi-Fiルーターの初期設定をしたことがありますが、マニュアル通りに
やっているつもりなのに、何度やっても上手く繋がらないということが続きました。

結局、後日プロバイダの有料サポートにお願いし、
業者の人に家まで来てもらいWi-Fiルーターの初期設定を施してもらいました。

ドコモ光はもちろん、各プロバイダには訪問サポートのオプションが用意されており、
初回に限り無料で利用できる場合もあります。

また最近は、ボタン1つ押すだけで初期設定ができてしまうWi-Fiルーターなんかも
あるみたいです。

いずれにしろ、多少お金は掛かっても訪問サポートをお願いするなり、
簡単に設定できるWi-Fiルーターを選んだ方が良いと思いますよ。

パソコンが無くてもWi-Fiは使える?

最近のスマホやタブレットは性能が向上しており、パソコン代わりとしても
十分に使えるので、自宅にパソコンが無いという人も多いと思います。

しかしWi-Fiルーターの初期設定はパソコンで行うことが多く、パソコンが無いので
自宅のインターネット回線のWi-Fi化を諦めているという場合もあるかもしれません。

確かに少し前までのWi-Fiルーターはパソコンが必須であり、
パソコンが無いと初期設定ができませんでした。

しかし最近は、先にも書いたようにボタン1つで初期設定できるものもありますし、
スマホ用の設定アプリが用意されているものもあります。

現在でも一部パソコン必須のWi-Fiルーターはありますが、
ほとんどの機種ではパソコン無しでも初期設定できるようになっていますよ。

-ドコモ光の疑問

Copyright© ドコモ光は速い?プロバイダ選びが重要です! , 2018 All Rights Reserved.