賃貸

ドコモ光は戸建とマンションで何か違いはある?

投稿日:

ドコモ光が戸建てとマンションで違うのは「お金」?

どうも、ヒロです。

ドコモ光を、戸建て住宅で利用する場合と
マンションなどの集合住宅で利用する場合での大きな違いと言えば「お金」です。

まずドコモ光に限らず光回線を自宅に導入する際には、
光ファイバーケーブルを宅内に引き込む開通工事が必要となります。

その開通工事に掛かる費用が
 ・戸建て・・・18,000円
 ・マンション・・・15,000円
で、戸建ての方が少し高いんですね。

またマンションでは、その建物が採用している各部屋への配線方式によっては、
共有部の工事のみ宅内工事不要で工事費が安くなることもあります。

それから「月額料金」にも違いがあります。

戸建ては月額5,200円(または5,400円)ですが、マンションだと
月額4,000円(または4,200円)と戸建てよりも1,000円以上安くなっています。

これは戸建てでは1本の光ファイバーケーブルを独占的に使えるのに対して、
マンションでは建物内で共有するので料金が安く設定されているんですね。

さらに更新月以外の解約時に発生する「違約金」も
 ・戸建て・・・13,000円
 ・マンション・・・8,000円
と違っています。

マンションでも戸建て料金を払わないといけないことがある!?

マンションなどの集合住宅だからと言って、
必ずしもドコモ光の料金がマンション用になるとは限りません。

場合によっては、
集合住宅でも戸建て用の料金を払わないといけないこともあるんです。

マンションなどの集合住宅で光回線を利用する場合は、最寄りの電柱から
一旦共有部にケーブルを引き込んでから各部屋へ分配するのが一般的です。

先にも書いたように、1本のケーブルを建物内で共有しますから、
マンション用の安い料金でドコモ光が利用できるわけです。

ところが建物に光回線が導入されていない、
あるいは建物に導入されている光回線とは別の回線を利用するという場合には、
電柱から直接部屋へケーブルを引き込むことになります。

このご時世、マンションだと光回線が導入されていない方が珍しいと思いますが、
アパートのような小規模な集合住宅で築年数が古いと十分にありえますよ。

またドコモ光を使いたくても、マンションに導入されているのが「auひかり」や
「NURO光」だと、共有部を経由せずに直接ケーブルを引き込むことになります。
(大家さんや管理会社の許可が下りない可能性も高いですが・・・)

このような場合は、建物内で共有するのではなく、
戸建てと同じように1本のケーブルを独占的に使うことになりますよね。

なので、マンションで利用していても、
料金はマンション用ではなく戸建て用になるわけです。

料金が戸建て用マンション用どちらになるかは事前に調べられる

部屋数の多いマンションはともかく、アパートなど部屋数の少ない集合住宅では、
建物に光回線が導入されていないこともあります。

しかし雑誌やサイトの物件情報だけでは、
光回線が導入されているのかどうか分からないこともあるんですよね。

いざ入居したら光回線が導入されておらず、集合住宅なのに戸建て用の料金で
ドコモ光を使うことになるとちょっと損した気分になってしまいます。

もちろん不動産屋さんに聞けば教えてもらえますが、できれば物件情報だけで
検討している段階で光回線が導入されているかどうかを知っておきたいところですね。

実は、マンションなどの集合住宅でドコモ光を利用した場合に料金が戸建て用なのか
マンション用なのかを簡単に調べられる方法があるんです。

NTT東日本または西日本の公式サイトにあるフレッツ光の「エリア検索」で、
入居を検討している建物の住所を検索します。

その検索結果の中に「マンション」という文言が含まれていれば、
ドコモ光をマンション用の料金で利用することができます。

逆に検索結果が
 ・東日本・・・ご指定の住所は、詳しい状況確認が必要です
 ・西日本・・・こちらの建物では、ファミリータイプでのご提供となります
となっていると、マンションでも戸建て用の料金でドコモ光を利用することになります。

ただしこれで分かるのは、フレッツ光やドコモ光などの光コラボレーションの料金が
戸建て用になるかマンション用になるかだけです。

auひかりやNURO光、電力会社系光回線といった
フレッツ系でない光回線の料金まで調べられるわけではありません。

フレッツ光は建物内の利用軒数によって料金が変わる

ドコモ光を始めとした光コラボレーションでは、戸建てと集合住宅で料金が違うだけで、
集合住宅内の利用軒数で料金が変わることはありません。

しかしNTTのフレッツ光の場合は、マンション内でフレッツ光を利用している軒数が
少ない場合には戸建て料金となってしまうことがあるんです。

フレッツ光のマンション用料金は
 ・プラン1
 ・プラン2
 ・ミニ
の3つに分かれています。

NTT東日本では、マンション内で8軒以上フレッツ光を利用していると「プラン1」、
16軒以上で「プラン2」、4軒以上で「ミニ」となります。

NTT西日本だと、プラン1とプラン2の軒数は東日本と同じで、ミニは6軒以上です。

これで分かる通り、東日本では4軒以上、西日本では6軒以上同じマンション内で
フレッツ光を利用して初めてマンション用の料金となります。

逆に言えば、同じマンション内でのフレッツ光の利用が、東日本で3軒以下、
西日本では5軒以下だと戸建て用の料金を支払わないといけないわけです。

光コラボレーションなら気にする必要ありませんが、フレッツ光を使うつもりなら、
マンション内で何軒利用者が居るのかも事前に確認しておいた方が良いですよ。

マンションでドコモ光が利用できないこともある!?

集合住宅によっては、回線やプロバイダを一括で契約していることがあります。

軒数の多いマンションだとあまり無いと思いますが、
軒数の少ないアパートなんかだと一括で契約していることが結構あります。

「光回線完備」で入居したらすぐにインターネットが使えて、家賃に光回線の料金が
含まれているような場合は、一括で契約している可能性が高いですね。

一括で契約することで料金が安くなるというメリットがある反面、
回線やプロバイダを乗り換えることができないというデメリットもあります。

なのでフレッツ光を導入しているマンションでも、
一括契約していると自分だけドコモ光を使うと言うことはできません。

またフレッツ系でないauひかりやNURO光を導入しているマンションでは、
直接ケーブルを部屋に引き込むことでドコモ光を利用することは可能です。

ただ、最寄りの電柱と部屋の位置関係によっては、
距離が離れすぎているなど物理的に引き込めないこともあるんですね。

また引き込む際に壁に穴を開けたり、
ケーブルをビス留めしたりといった作業がひつようになることもあります。

こうした建物に傷を付ける工事を行うことは約款などで禁止されていることもありますし、
禁止されていなくても大家さんや管理会社に許可してもらえない場合がほとんどです。

通信速度は戸建てとマンションで変わらない?

ドコモ光の通信速度は最大1Gbpsで、戸建てとマンションで違いはありません。

光回線の通信速度は、建物の形式よりも、
プロバイダや利用環境による影響の方が大きいと思います。

なので同じマンション内で同じドコモ光を使っていても、プロバイダやインターネットを
使う時間帯などが違うと、通信速度も違ってくることがあるんですね。

ただし、戸建ては1本のケーブルを独占的に使うのに対して、
マンションでは1本のケーブルを共有します。

と言うことは、ケーブルを共有するマンションの方が混雑が発生しやすいので、
通信速度も遅くなりやすいと言えるかもしれませんね。

マンションは分配方式によって通信速度が変わることも

マンションでは、最寄りの電柱から一旦共有部にケーブルを引き込み、
そこから各部屋に光回線を分配しています。

共有部から各部屋への分配方法には
 ・光配線方式
 ・VDSL方式
 ・LAN配線方式
の3種類があり、どれを採用しているかで通信速度が変わることもあるんです。

「光配線方式」は光ファイバーケーブル、「VDSL方式」は一般電話回線、
「LAN配線方式」はLANケーブルを使って各部屋に分配しています。

光配線方式は、戸建てで光回線を使うのとほぼ同じですから、
ドコモ光の通信速度は最大1Gbpsとなります。

一方VDSL方式だと通信速度は最大100Mbps、
LAN配線方式だと最大100~200Mbpsになってしまうんです。

これは分配するのに利用している一般電話回線やLANケーブルが
1Gbpsに対応していないからなんですね。

最大通信速度が遅くなると実効速度も遅くなる可能性が高いですから、
マンションでドコモ光を利用する際は分配方式にも気を付けておかないといけません。

フレッツ光からドコモ光に転用する場合は要注意

戸建て・マンションに限らず、NTTのフレッツ光からの転用でドコモ光などの
光コラボレーションを利用するケースも多いと思います。

工事不要で工事費も掛からず、それでいて月額料金が安くなる可能性が
高いわけですから、転用しないと損だと思っちゃうぐらいですよね。

しかしこのフレッツ光からの転用には注意が必要で、
場合によっては通信速度が速くならないこともあります。

フレッツ光の通信速度は最大1Gbpsだと思っている人も多いかもしれませんが、
利用年数が長いと最大100Mbpsのまま利用していることもあるんです。

フレッツ光で最大100Mbpsのサービスを利用していて、そのままドコモ光などの
光コラボレーションに転用すると、通信速度は当然最大100Mbpsのままとなります。

この場合、通信速度が速くなることを期待してドコモ光に転用したのに
速くならないということになってしまうんですね。

フレッツ光で最大100Mbpsのサービスを利用していても、
転用の際に最大1Gbpsにアップグレードすることが可能です。

ただし最大1Gbpsにアップグレードするには転用でも工事が必要で、
数千円程度の工事費が必要となることもあります。

VDSL方式のマンションで最大1Gbpsの光回線を使うことはできる?

VDSL方式を採用しているマンションでは、
光回線の通信速度は最大100Mbpsになってしまいます。

普通にインターネットを使う分にはこれでも十分なんですが、
最近はデータ容量の多いサイトやコンテンツも少なくありません。

なので、できれば最大1Gbpsの光回線を使いたいところですよね。

VDSL方式のマンションで、
自分の部屋だけ光配線方式にしてもらうことはさすがにできないです。

マンション内で賛同者を募って光配線方式への変更をお願いすることもできますが、
大家さんや管理会社が実施してくれるどうかは分かりません。

VDSL方式のマンションでも、マンションが導入しているのとは別の光回線を
利用すれば通信速度が最大1Gbpsになることがあります。

例えばマンションがフレッツ光を導入しているのであれば、auひかりやNURO光、
電力会社系光回線を利用するといったことです。
(ドコモ光などの光コラボレーションはダメ)

この場合は、戸建てと同じように電柱から部屋にケーブルを
直接引き込むことになるので、最大1Gbpsで光回線が利用できるというわけです。

ただし、料金は当然戸建て用となりますし、そもそも大家さんや管理会社に
他社の光回線の利用を許可してもらわないといけません。

他社の光回線の利用自体許可してもらえないことも十分考えられますし、
建物に傷を付けるということで工事の許可が下りないこともあります。

また許可が下りたとしても、先にも書いたように、
電柱と部屋との位置関係から工事ができないことも無いとは言えません。

-賃貸

Copyright© ドコモ光は速い?プロバイダ選びが重要です! , 2019 All Rights Reserved.