ドコモ光の工事

ドコモ光の工事するのにマンションだと許可取らないとダメ?

投稿日:

ドコモ光の開通工事、マンションなら許可を取るべし

どうも、ヒロです。

ドコモ光など光回線を自宅で使うには、
まず光ファイバーケーブルを宅内に引き込む「開通工事」を行わないといけません。

一戸建てで持ち家であれば、誰に気兼ねする必要も無く、
自分の意志だけでドコモ光の開通工事を行うことができます。

ところがマンションなどの集合住宅だと、賃貸の場合はもちろん、
分譲であったとしても許可を貰わないと開通工事はできません。

ドコモ光に限らず光回線の開通工事では、ケーブルを宅内に引き込むのに
壁に穴を開けたり、ケーブルを固定するのにビス留めをしたりすることがあります。

いずれも建物に傷を付け、マンション全体の価値を下げてしまうことになりかねないので、
開通工事を行う際には許可を貰わないといけないわけです。

無許可をドコモ光を導入したことが後で発覚すると、退居までは無いと思いますが、
ドコモ光を撤去させられることはあるかもしれません。

また退居時には壁の穴やビス留めの跡の「原状回復」が求められ、
敷金が返ってこなかったり、原状回復に必要な費用を請求されることもあります。

こういったトラブルに巻き込まれないためにも、
マンションでドコモ光を利用する場合には事前に許可を取らないといけませんよ。

開通工事の許可は誰に貰う?

マンションでドコモ光の開通工事を行う場合には許可が必要なのは良いとして、
誰に許可を貰いに行けば良いのでしょうか?

賃貸マンションであれば、そのマンションを管理している「管理会社」、
あるいはそのマンションの持ち主である「大家さん」に許可を貰うことになります。

管理会社の許可だけで良いのか、大家さんの許可が必要なのかは、
それぞれのマンションで事情が違います。

なので、賃貸契約書などを読み返すなり、管理会社に問い合わせるなりして、
管理会社か大家さんどちらに許可を貰えば良いのか確認しましょう。

分譲マンションの場合は、管理会社や大家さんではなく、
「管理組合の理事長」に許可を貰うことになります。

ただし、管理組合の理事長と言っても同じマンション内の住民であり、
賃貸マンションの大家さんのように絶対的な決定権を持っているわけではありません。

理事会や総会に諮ることで許可するかどうかが決まりますから、
賃貸マンションの場合よりも許可を貰うまでに時間が掛かってしまうことも考えられます。

長い場合には結論が出るまでに数か月から半年ほど掛かり、
挙句開通工事が許可されないなんてこともあるそうですよ。

ドコモ光の開通工事に市や県の許可が必要!?

マンションにドコモ光を導入するのに、大家さんや管理会社、管理組合の許可が
必要なのは分かりますが、場合によっては市や県の許可が必要となることもあるんです。

マンションを建てるというならともかく、マンションにドコモ光などの光回線を
導入するのにどうして市や県の許可が必要なのかって思いますよね。

もちろん通常の賃貸マンションや分譲マンションにドコモ光を導入する場合は、
基本的に市や県に許可を貰う必要なんてありません。

ところが
 ・市営住宅
 ・県営住宅
 ・UR賃貸住宅
などといった公営マンションにドコモ光を導入する場合には、
役所で「模様替え票の申請」などの手続きが必要なんですね。
(UR賃貸住宅は「都市再生機構」)

数か月から半年も掛かることは無いと思いますが、許可が下りるまで
数週間から1か月ぐらい掛かるのは覚悟しておいた方が良いかもしれません。

マンションで開通工事を行うのに許可が必要無い場合もある?

マンションでドコモ光などの開通工事を行うには基本的に許可を貰わないと
いけませんが、場合によっては許可無しでも開通工事ができることがあります。

光ファイバーケーブルが、マンションの共用部を通して、自分が入居する部屋まで
来ているのであれば管理会社や大家さんなどに許可を貰う必要がありません。

光ファイバーケーブルが来ているということは、
その部屋にはすでに光回線が開通していることになります。

あとはドコモ光など事業者側の工事が終われば光回線が使えるようになり、
業者がマンションまで来て工事することはないんです。

マンション内で工事をしないのであれば、管理会社や大家さん、管理組合に
許可を貰う必要はないわけです。

またマンションによっては、共用部から各部屋まで光ケーブルを引き込む工事が
許可無しでできるようになっていることもあります。

この場合も当然許可を貰う必要は無いんですが、開通工事では「MDF室」や
「EPS室」などの配電盤などが設置されている部屋に入って作業します。

MDF室などは平常時は鍵が掛かっており、
住民と言えども勝手に出入りすることはできません。

なので、許可を貰う必要は無いものの、事前に管理会社や大家さんに工事日を伝え、
MDF室などの鍵を開けてもらえるようにお願いしておかないといけませんよ。

部屋に光回線が開通していても、一応確認した方が良いかも

すでに共用部から自分が入居する部屋に光ケーブルが引き込まれている場合には、
基本的には許可を貰う必要は無いです。

しかし念のために、ドコモ光を使って良いかどうかを
管理会社や大家さんに確認しておいた方が良いかもしれません。

「全部屋開通済み」と謳っているマンションなら良いですが、そうでない場合には
前の入居者が無許可で光回線を開通させていることも考えられます。

それを確認無く使うことで、
自分が無許可で部屋に光回線を開通させたと勘違いされる恐れがあります。

無許可で開通させたことが発覚すると、光回線を撤去させられたり、
退居時に原状回復費用を請求されることも無いとは言えません。

本当に自分が無許可で導入したなら仕方ないですが、前の入居者がやったことを
自分のせいにされて本来不要な費用を請求されるのはイヤですよね。

ですから、「全部屋開通済み」のマンションでもないのに部屋に
光回線が開通している場合には、一応管理会社や大家さんに確認しておきましょう。

言い方ひとつで許可されるかどうかが決まる!?

マンションでドコモ光を利用するには管理会社や大家さんの許可が必要ですが、
お願いをする際の説明の仕方ひとつで許可されるかどうかが決まることもあるんです。

マンションを建てるだけの土地と財力を持っている大家さんは、
大抵ある程度高齢である場合が多いです。

管理会社の場合でも、開通工事の認否を決められる役職に就いているのは、
やはりある程度年齢を重ねた人となります。

少し偏見ではありますが、ある程度の年齢層になると「光回線」や
「インターネット」などについてよく分かっていないことも多いんですよね。

「自分の分からないこと=不要なこと」と思われて、
ドコモ光の開通工事に許可が下りないなんてことになりかねません。

また光回線の開通工事の内容についてもよく分かっていなかったりもしますから、
「工事」と聞いただけで大掛かりなものを想像して許可しないといったこともあります。

ですから開通工事の許可を貰いに行く際には、「インターネットを使うのに光回線の
配線作業を行いたい」などの簡単で工事という言葉を使わない説明をしましょう。

マンションを傷付けないことを強調すべし

管理会社や大家さん、管理組合にとって最もイヤなのは、
ドコモ光の開通工事を行うことでマンション自体の価値が下がってしまうことです。

部屋にドコモ光が開通していることでマンションの価値が下がることは無いんですが、
ドコモ光を導入するのに壁に傷が付くことで価値が下がることは考えられます。

そこで開通工事の許可を貰いに行った際の説明では、
壁に穴を開けたりビス留めしたりしないようにするということを強調した方が良いですよ。

「壁に穴を開けたりビス留めしたりするかもしれないですが、ドコモ光の開通工事を
しても良いですか?」と言われたら、簡単に「OK」なんて言えないですよね。

「壁に傷を付けないように作業してもらう」とか「万が一傷を付けることになっても、
退去時には必ず補修する」と説明した方が良いと思います。

全面的な許可は貰えなくても、
 ・壁に傷を付けない
 ・ビス留めは良いけど、穴はダメ
 ・穴は開ける場所によるので要相談
など条件付きでOKが貰える可能性が高いですよ。

管理会社に許可を貰う場合は、担当者の名前をしっかりチェック

大家さんや管理組合の理事長から許可を貰う場合は良いんですが、
管理会社に許可を貰う場合には少し注意が必要です。

異動などで担当者が変わる際の引き継ぎが上手くできていないと、
「開通工事の許可を出した覚えが無い」と言われてしまいかねません。

大規模なマンションを管理している会社がいい加減なことをすることは無いと
思いますが、こういったトラブルに巻き込まれる危険性はゼロじゃないんですよね。

そこで管理会社にドコモ光開通の許可を貰う場合には、
許可を出した担当者の名前をしっかりとチェックしておきましょう。

できれば名刺を貰い、さらに用心を重ねるのであれば
 ・管理会社名
 ・連絡先
 ・担当者名
などが入った書類を作ってもらうのもアリですね。

さすがに書類まで作ってもらうのは大袈裟ですが、後々トラブルに
巻き込まれないように担当者の名前ぐらいはメモに残しておいた方が良いですよ。

許可を貰う前に「現場調査」を依頼する

管理会社や大家さんによっては、「工事内容がハッキリと分からないと
許可するかどうか判断できない」と言われることがあるかもしれません。

ドコモ光に限らず光回線の開通工事では、通常は当日に工事業者が来るまでは
どういった作業が行われるのかは分からないんです。

管理会社や大家さんからすると、許可を出したは良いけど、
壁に傷を付けたり他の入居者に迷惑が掛かるような作業をされるのは困ります。

そこで、ドコモ光側に事前の「現場調査」をお願いし、
開通工事がどういった内容で行われるのかをある程度確定してもらいましょう。

工事内容がハッキリ分かっていれば、
管理会社や大家さんからしても安心して許可が出せるというわけです。

ただしドコモ光にお願いしたからといって、
必ず事前に現場調査を行ってもらえるとは限りません。

特にマンションの場合は、「必要無し」ということで
事前の現場調査を断られてしまうことも多いみたいなので注意してください。

とは言え、それが無いと管理会社や大家さんの許可が貰えないというのであれば、
マンションでも現場調査してくれるとは思いますが・・・。

どうしても許可が貰えないならモバイル回線の利用を検討

壁に傷を付けない、付けたとしても退去時に補修するなどと説明しているのに、
どうしても開通工事の許可が貰えないということもあるかもしれません。

そんな場合はドコモ光の利用は諦めて、WiMAXやワイモバイル、SoftBankAirなどの
モバイル回線の利用を検討してみましょう。

モバイル回線なら工事不要ですから、一戸建てだろうがマンションだろうが、
賃貸だろうが分譲だろうが誰に許可を貰う必要もありません。

ただWiMAXなどのモバイル回線は、通信速度や安定性などの面で光回線に
劣りますし、「3日で10GB」などの通信制限が設けられていることもあります。

しかし月間通信量が無制限のものであれば、
光回線の代わりが十分に務まると思います。

なので、マンションでドコモ光の開通工事の許可がどうしても貰えないなら、
WiMAXなどのモバイル回線の利用を検討してみるのも良いんじゃないでしょうか。

-ドコモ光の工事

Copyright© ドコモ光は速い?プロバイダ選びが重要です! , 2019 All Rights Reserved.