ドコモ光への乗り換え

ソフトバンク光からドコモ光への乗り換えは簡単じゃない?

投稿日:

ソフトバンク光からドコモ光への「転用」はできない

どうも、ヒロです。

「ソフトバンク光もドコモ光も光コラボレーションで
フレッツ光の回線を使っているんだから、乗り換えは『転用』でいける」

こんな風に思っている人も結構多いんじゃないでしょうか?

確かにソフトバンク光もドコモ光も光コラボレーションで、
いずれもフレッツ光の回線を使っているというのは間違いありません。

しかし転用が可能なのは「フレッツ光から光コラボレーションへ乗り換える場合」のみで、
光コラボレーション同士だと転用による乗り換えはできないんです。

光コラボレーションが利用できる回線の割り当ては決まっている

「フレッツ光から光コラボレーションでも、光コラボレーション同士の乗り換えでも、
フレッツ光の回線を使うってことには変わりないじゃん」と思いますよね。

ところが、同じフレッツ光の回線でも光コラボレーションによって割り当てが決まっており、
ソフトバンク光とドコモ光で回線を使いまわすようなことはできないようになっています。

簡単に言うと、フレッツ光からソフトバンク光への乗り換えは
直接NTTから回線を借りることになるので転用でOK。

ソフトバンク光からドコモ光への乗り換えでは、NTTから借りた回線を
「又貸し」する形になるので転用はNGといった感じなんじゃないでしょうか。

光コラボレーション同士の乗り換えが面倒なんじゃなくて、
フレッツ光から光コラボレーションへの乗り換えがイレギュラーで
特別簡単になっているってだけのことなんですね。

ソフトバンク光からドコモ光への乗り換える手順は?

ソフトバンク光からドコモ光に限らず、光コラボレーション同士では
転用による乗り換えはできませんから、通常の乗り換え手続きを行うことになります。

ソフトバンク光を解約してソフトバンク光で使っていた回線を撤去、
そしてドコモ光と契約してドコモ光で使う回線を開通させます。

当然ですが撤去と開通には工事が必要で、工事費が発生、
両方ともに立ち会わないといけません。

ちなみに、フレッツ光から光コラボレーションへの転用では
「転用承諾番号」を発行してもらう必要があります。

光コラボレーション同士の乗り換えでは、
転用ではなく通常の乗り換え手続きとなるので、転用承諾番号は不要です。

光コラボレーションでもフレッツ光の回線撤去は基本無料で、ドコモ光の開通工事費は
比較的安いとはいうものの、工事費だけで15,000円以上は掛かってしまいます。

決して安くない工事費に加えて、
撤去と開通2回の工事に立会わないといけないというのも厄介ですよね。

上手い具合に両方とも土日に工事してもらえれば良いですが、
下手したら2日も仕事や学校を休んだり中抜けしたりすることになります。

ソフトバンク光への乗り換えなら費用がタダになる!?

ソフトバンク光からドコモ光への乗り換えでは、回線の撤去費用こそ掛かりませんが、
開通工事費は発生します。

また契約期間内の乗り換えであれば、ソフトバンク光に違約金も払わないといけません。

ところが逆にドコモ光からソフトバンク光への乗り換えであれば、
これらの費用が実質無料になるんです。

ソフトバンク光では「あんしん乗り換えキャンペーン」が行われており、
他社光回線からソフトバンク光への乗り換えで発生する
 ・他社光回線の違約金
 ・他社光回線の撤去費用
に相当する金額のキャッシュバックが受け取れるようになっています。

ドコモ光からの乗り換えであれば撤去費用は掛かりませんが、
auひかりからの乗り換えだと30,000円近くの撤去費用が必要です。

違約金と併せると40,000円を超えるような金額となり、
さすがにこれだけ高額だと乗り換えに二の足を踏んでしまいますよね。

ところがソフトバンク光への乗り換えであれば、同じ金額のキャッシュバックが
受け取れるので、撤去費用や違約金が実質無料になるというわけです。

以前はドコモ光でも同様のキャンペーンが行われていましたが、
残念ながら現在では終了してしまっています。

解約が先か、契約が先か

ソフトバンク光からドコモ光に乗り換える場合、通常は先にソフトバンク光を
解約してからドコモ光に申し込むという順番で手続きを行いますよね。

しかしこの順番だと、
ドコモ光が使えるようになるまで結構長い時間が掛かってしまいます。

撤去にしろ開通にしろ、
光回線の工事は申し込んだからといってすぐに行ってくれるわけではありません。

2週間程度なら短い方で、1か月以上待たされることも珍しくないんです。

撤去工事まで1か月、開通工事まで1か月となると、
ドコモ光が使えるようになるまで2か月掛かることになってしまいます。

また、ソフトバンク光を解約してからドコモ光が開通するまでの間、
自宅で光回線が使えないことになります。

最近はスマホという代替回線があるのでまだ良いですが、
それでも光回線が1か月も使えないとなるとやっぱり不便ですよね。

そこで、先にドコモ光に申し込みをして工事日時を決め、その工事日に合わせて
ソフトバンク光を解約すれば、光回線が使えない空白期間を無くすことができます。

解約より契約を先にする場合は注意も必要

先にドコモ光に申し込んでからソフトバンク光を解約することで
「空白期間」を無くすことはできますが、注意しなければいけないこともあります。

まず、開通月の料金は日割り計算にしてもらえることもありますが、
解約月の料金は日割りにしてもらえることはほとんどありません。

ドコモ光の開通工事に合わせてソフトバンク光を解約することで、
何日分か何週間分か程度は二重に料金を払うことになってしまうんですね。

料金を二重に払うと言っても1,000円2,000円程度なのでまだ良いですが、
場合によっては開通工事ができないこともあります。

通常はエアコンダクトを利用して宅内に回線を引き込みますが、他の回線が
残っていることで、物理的に新たに回線を引き込むスペースが無いことも考えられます。

また前の回線を残したまま新しい回線を開通させるのに、
壁に別の機器を取り付ける必要が出てくることもあるそうです。

そうすると回線を引き込むために穴を開けたり、
機器を取り付けるために壁にビス留めしないといけないことになってしまいます。

持ち家なら自分の判断でできますが、
賃貸住宅だと当然大家さんや管理会社の許可を貰わないといけません。

「開通工事は良いけど、壁に傷を付けるのはダメ」と言われると、
ソフトバンク光を解約するより先にドコモ光を開通させることができなくなります。

ソフトバンク光からドコモ光への乗り換えはデメリットが多い?

転用で簡単に乗り換えることができるならともかく、通常の乗り換え手続きを
行ってまでソフトバンク光からドコモ光に乗り換えるメリットはあるんでしょうか?

まず料金面を比較すると、
ソフトバンク光からドコモ光に乗り換えるのはあまりお得とは言えないかもしれません。

ソフトバンク光の料金は
 ・戸建て・・・5,200円
 ・集合住宅・・・3,800円
です。

対してドコモ光の料金は
 ・戸建て・・・5,200円または5,400円
 ・集合住宅・・・4,000円または4,200円
となっています。

ちなみにドコモ光の料金が2種類なのは、
プロバイダが「タイプA」と「タイプB」に分かれているからです。

タイプBの方が200円高いんですが、
通信速度が速いなどサービス内容が良いといったことは特にありません。

戸建てだと料金は変わりませんし、
マンションなどの集合住宅だと逆に200~400円ほど高くなってしまいます。

料金が安くなるなら多少の手間とお金を掛けても乗り換えるメリットはありますが、
変わらないどころか高くなるようではお得とは言えないですね。

スマホとのセット割もソフトバンク光の方がお得?

ソフトバンク光やドコモ光といった大手携帯キャリアが提供している光回線を
利用するのは、スマホとのセット割が目当てという場合も多いと思います。

今や光回線もスマホも「生活必需品」と言って良いぐらいですから、
セット割が利用できる光回線とスマホを選びたいですよね。

ソフトバンク光のセット割は、
スマホの料金プランによって月500~1,000円の割引が受けられます。

対してドコモ光のセット割は、スマホの料金プランによって最大3,500円の割引が
受けられるので、これだけだとドコモ光の方がお得に見えます。

しかしドコモ光のセット割の対象はスマホ1台なんですが、
ソフトバンク光のセット割はスマホ10台までとなっています。

1人や夫婦2人ぐらいならドコモ光の方が割引額が大きくなるかもしれませんが、
家族3人以上だとソフトバンク光の方が割引額が大きくなりお得な可能性が高いです。

ソフトバンク光からドコモ光への乗り換えに合わせてスマホをキャリア変更するとしても、
場合によっては割引額が小さくなってしまうこともありますよ。

ソフトバンク光からドコモ光への乗り換えは悪いことばかりじゃない

料金やスマホとのセット割だけを考慮すると、
ソフトバンク光からドコモ光への乗り換えはお得じゃないということになります。

ただ悪いことばかりではなく、乗り換えることによるメリットももちろんあります。

例えば、ドコモ光では新規申込者を対象としたキャンペーンが行われており、
お得な特典が貰えるんです。

ドコモ光公式のキャンペーン特典として、10,000円相当のdポイントが貰えます。

この特典として貰えるdポイントは、スマホ代に充てることはできませんが、
スマホを購入時の端末代や加盟店での買い物で使うことができます。

また最大15,000円のキャッシュバックが貰えるキャンペーンを行っているプロバイダも
あり、これを利用すれば最大25,000円分の特典が貰えることになるんですね。

ドコモ光はIPv6接続が無料で使える

光回線の乗り換えを検討する理由としては、料金とともに、
通信速度の問題が挙げられます。

インターネットをよく使う夜間や休日に頻繁に、
通信速度が遅くなったり不安定になると回線を乗り換えたくもなりますよね。

そういった通信速度が遅い・不安定といった問題を解消する方法として、
「IPv6接続」を利用することがあります。

IPv6接続を利用することで、従来のIPv4接続よりも通信自体が安定し、
通信速度が速くなる可能性が高いんです。

ソフトバンク光もドコモ光もIPv6接続には対応しているんですが、
ソフトバンク光ではIPv6接続の利用が実質有料となっています。

IPv6接続自体は無料なんですが、IPv6接続を利用するには「ひかりBBユニット」が
必要で、これのレンタルに月額500円掛かります。

一方ドコモ光でIPv6接続を利用する場合も、
対応のWi-Fiルーターをレンタルしたり購入したりするのにお金が掛かることはあります。

ところが一部のプロバイダではIPv6接続対応のWi-Fiルーターを無料で
レンタルしており、こうしたプロバイダを選ぶことで無料でIPv6接続が利用できます。

光回線にとって通信速度が速い・安定しているというのは大きなメリットですから、
それが無料で使えれば、さらに大きなメリットになりますよね。

-ドコモ光への乗り換え

Copyright© ドコモ光は速い?プロバイダ選びが重要です! , 2019 All Rights Reserved.