ドコモ光への乗り換え

コミュファ光からドコモ光への乗り換えはしない方が良い!?

投稿日:

コミュファ光からドコモ光への乗り換えはお得?お得じゃない?

どうも、ヒロです。

私のように関東地方に住んでいるとあまり馴染みはありませんが、東海から西の
人にとっては電力会社系光回線も自宅の光回線としては大きな選択肢の1つです。

現状の電力会社系光回線と言うと
 ・コミュファ光(中部電力)
 ・eo光(関西電力)
 ・Pikara(四国電力)
 ・MEGA EGG(中国電力)
 ・BBIQ(九州電力)
の5社です。

以前は東京電力も「TEPCO光」というサービスを行っていましたが、
現在はKDDIに事業が継承され「auひかり」と名前を変えています。

電力会社系光回線の魅力は、
何と言っても後ろ盾が電力会社という絶大な安心感ですよね。

対応エリアの違いこそありますが、
「ブランド力」という点ではフレッツ光のNTTにも引けを取りません。

とは言え、同じサービスを使い続けていると何かと不満は募るもので、
絶大な安心感があっても乗り換えを検討したくもなるものです。

実際中部電力管内でコミュファ光を利用しているけど、ドコモスマホとのセット割に
惹かれてドコモ光への乗り換えを考えているなんてこともあると思います。

ただコミュファ光からドコモ光への乗り換えは、正直なところ、
お得ともお得じゃないとも言えず非常に微妙です。

しいて言うなら、戸建てだとあまりお得とは言えない、
マンションなどの集合住宅だと金銭的にはお得といったところでしょうか。

集合住宅なら料金はドコモ光の方が安い

光回線を比較してお得かそうでないかを決める大きな要素は、
やっぱり「料金」ですよね。

料金が大幅に安くなるなら多少手間とお金を掛けても乗り換えた方がお得ですが、
料金が安くならないのであれば乗り換えはお得とは言えません。

コミュファ光とドコモ光の料金を比較すると、戸建てはほとんど同じ、
マンションなどの集合住宅ならドコモ光の方が安くなっています。

まずコミュファ光の料金ですが、最大通信速度ごとにプランが分かれており
 ・10ギガ・・・6,050円
 ・5ギガ・・・5,700円
 ・1ギガ・・・5,250円
 ・300メガ・・・4,750円
 ・30メガ・・・3,810円
です。

戸建てでも集合住宅でも基本的に料金は同じなんですが、集合住宅の配線方式が
 ・VDSL方式
 ・LAN方式
の場合は、通信速度が最大100Mbpsで3,680円となります。

対してドコモ光の料金は
 ・戸建て・・・5,200円または5,400円
 ・集合住宅・・・4,000円または4,200円
です。

ちなみに戸建てと集合住宅それぞれ料金が2種類あるのは、
単に選ぶプロバイダの違いによるものです。

なので料金が200円高いプロバイダを選んだからと言って、
通信速度が速いなどサービス内容が充実するわけではありません。

ドコモ光の通信速度は最大1Gbpsで、
戸建てだとコミュファ光の1ギガプランから乗り換えであればほとんど料金は同じです。

しかしマンションなどの集合住宅でコミュファ光を1ギガで使っている場合には、
ドコモ光に乗り換えることで料金が月1,000円以上安くなる可能性があります。

ただし集合住宅の配線方式がVDSLやLAN方式だと、
ドコモ光に乗り換えることで反対に料金が高くなってしまうんですね。

「光配線方式の集合住宅で1ギガプランを使っている場合」のみ、
ドコモ光への乗り換えで料金が安くなるということになるわけです。

スマホとのセット割はコミュファ光の方がお得?

自宅のインターネット回線としてドコモ光を選ぶ大きなメリットとして、
ドコモスマホとのセット割が利用できるということが挙げられます。

今や光回線もスマホも「生活インフラ」と言っても良いぐらいのものですから、
どうせなら少しでも安い方が良いに決まっていますよね。

でもスマホとのセット割は、
 ・ドコモ光
 ・ソフトバンク光
 ・auひかり
といった大手携帯キャリアが提供する光回線の「専売特許」ってわけじゃありません。

実はコミュファ光でも、大手携帯キャリアのスマホとのセット割は利用できるんです。

ドコモスマホはセット割の対象がドコモ光だけですが、ソフトバンクスマホは
ソフトバンク光だけでなくNURO光でもセット割が利用できるようになっています。

auスマホはさらに選択肢が多く、auひかりの他に
 ・ビッグローブ光
 ・So-net光
 ・@nifty光
などの一部の光コラボレーション、さらに電力会社系光回線もセット割の対象なんです。

なのでコミュファ光とauスマホを一緒に使うとセット割が適用されて、
auスマホの毎月の料金が安くなります。

ドコモのセット割は最大3,500円と割引額こそ大きいんですが、
家族全員がドコモユーザーでも適用されるのは基本的に1回線のみです。

ところがauのセット割は、最大2,000円と割引額はドコモより小さいですが、
家族が使うauスマホ最大10回線まで適用されます。

1人や夫婦など2人で利用する場合には、
ドコモのセット割の方が割引額が大きくなる可能性があります。

しかし家族3人以上で利用する場合には、
断然auのセット割の方が割引額が大きくなるんですね。

ですからセット割目当てなら、コミュファ光をドコモ光に乗り換えるより、
ドコモスマホをauスマホに乗り換えた方がお得かもしれませんよ。

コミュファ光からドコモ光への乗り換えに掛かる費用は?

金銭的なことで言うと、コミュファ光からドコモ光へ乗り換える際に掛かる費用というのも
気になるところですよね。

数千円程度で済むなら全く問題ありませんが、数万円掛かるとなると
いくら乗り換え後に料金が安くなると言っても二の足を踏んでしまいます。

コミュファ光には2年の最低利用期間が設けられており、
利用開始から2年未満での解約では27,000円の違約金が発生します。

さらに「長トク割」など割引サービスを利用している場合には、
割引サービスごとに5,000円から24,000円の違約金を払わないといけません。

加えてコミュファ光の撤去費用として12,000円が必要ですから、場合によっては
コミュファ光の解約だけでも40,000円50,000円掛かってしまうことになります。

そこにドコモ光の開通工事費用として
 ・戸建て・・・18,000円
 ・集合住宅・・・15,000円
がプラスされます。

コミュファ光が違約金無し撤去費用のみで解約できたとしても、
ドコモ光の開通工事費と合わせて27,000~30,000円は掛かるんですね。

ドコモ光と同じ光コラボレーションでもソフトバンク光など、
乗り換えの際に発生する違約金や撤去費用を負担してもらえるサービスもあります。

なのでドコモ光にこだわりが無いのであれば、そうした乗り換え費用を負担してくれる
光回線を乗り換え候補に加えてみても良いんじゃないでしょうか。

通信速度はコミュファ光に軍配

中には料金なんて二の次で、
とにかく通信速度の速さを求めているという場合もあると思います。

通信速度が速い方が良いというのであれば、
コミュファ光からドコモ光への乗り換えはあまりオススメできません。

コミュファ光は、通信速度の実測値が速いサービスを表彰する
「RBB SPEED AWARD 2017」で、固定回線部門の東海地区1位を獲得しています。

ドコモ光は光コラボレーション部門の優秀賞止まりですから、
通信速度の面ではコミュファ光に軍配が上がるのではないでしょうか。

さらにコミュファ光では、
最大5Gbps・10Gbpsの超高速プランも利用できるようになっています。

最大1Gbpsに比べて単純に最大値が5倍10倍になるわけですから、
実測値も5倍10倍とまではいかなくても速くなる可能性は高いと思います。

もちろんその分料金が高くはなりますが、通信速度の速さを求めるのであれば、
ドコモ光に乗り換えるより5ギガ10ギガへのプラン変更を検討すべきですね。

ドコモ光はプロバイダの変更が可能

通信速度は回線そのものよりも、周辺の環境であったりインターネットの利用状況など
色んな条件によって大きく左右されます。

そんな光回線の通信速度を左右する要因の1つに「プロバイダ」があります。

プロバイダは「接続業者」とも言われ、インターネット接続に必要な
 ・IPアドレス
 ・接続ID
 ・接続パスワード
を発行します。

例えて言うなら、光回線は目的地に行くまでの「交通手段」のようなもので、
プロバイダはインターネットの世界に入るための「チケット」と自由に使うための
「フリーパス」を発行しているところといった感じでしょうか。

インターネットを利用する際には、
プロバイダの設備を経由してデータのやり取りをすることになります。

そのためプロバイダの設備が貧弱だと、
すぐに混雑が発生して繋がりにくくなったり通信速度が遅くなったりしてしまいます。

実際同じ光回線を使っていてもプロバイダが違うと、
通信速度が大きく変わるなんてこともあります。

ドコモ光には提携プロバイダが25社あり、通信速度に不満がある場合には
プロバイダを変更することで改善を図ることも可能です。

またドコモ光は基本的にプロバイダ料込みですから、
プロバイダを変更したところで料金が変わるということはありません。
(提携していないプロバイダを選ぶと高くなることも)

一方コミュファ光は、
コミュファ光以外に10社の提携プロバイダから選べるようになっています。

こちらもプロバイダのみ乗り換えるということは可能ですが、
コミュファ光以外のプロバイダでは光回線とプロバイダの料金が別々です。

コミュファ光以外のプロバイダを選んだ場合の料金は、
1ギガプランの場合4,130円プラスプロバイダ料となります。

プロバイダ料はプロバイダによって違いますが、大体1,200~2,000円ぐらいなので、
コミュファ光をプロバイダとして使うよりも高くなってしまう可能性が大です。

またコミュファ光以外のプロバイダでは、
5ギガ10ギガのプランが利用できないというデメリットもあります。

コミュファ光からドコモ光への乗り換えで固定電話の番号が変わる?

コミュファ光でauスマホとのセット割を利用するためには、
光回線だけでなく光電話の利用も必須となります。

これはコミュファ光に限ったことではなく、auひかり他auスマホとの
セット割の対象となっている光回線では光電話の利用が必須です。

コミュファ光の光電話の基本料金は300円で、auスマホとの通話は無料など通話料も
NTTのアナログ電話より安いので、光電話の利用自体はお得だと思います。

しかし光回線をドコモ光へ乗り換えることで、当然光電話もドコモ光に乗り換えることに
なるわけですが、その際に電話番号が変わってしまう恐れがあるんです。

コミュファ光の光電話で使っている電話番号が、「アナログ電話用としてNTTが
発番したもの」であれば「アナログ戻し」という作業を行うことで引き継ぐことができます。

しかし
 ・光電話用としてコミュファ光が発番したもの
 ・アナログ電話用でもNTT以外が発番したもの
だとアナログ戻しはできず、ドコモ光に乗り換えることで電話番号が変わってしまいます。

スマホの番号が変わるのでも色んな人に連絡しないといけないので面倒ですが、
固定電話の番号が変わるのはその比ではありません。

例えば町内会や子供の学校からの連絡先として固定電話の番号を使っている
場合には、町内会長や子供が通う学校にも知らせないといけません。

さらに電気・ガス・水道、あるいは保険や新聞などの契約に固定電話を使っていると、
当然それらの契約変更も必要です。

アナログ戻しで電話番号の引き継ぎができるなら良いですが、できずに電話番号が
変わってしまうなら、光回線の乗り換え自体慎重に検討した方が良いと思いますよ。

-ドコモ光への乗り換え

Copyright© ドコモ光は速い?プロバイダ選びが重要です! , 2019 All Rights Reserved.