ドコモ光への乗り換え

ピカラからドコモ光への乗り換えで料金大幅アップ!?

投稿日:

ピカラからドコモ光へ乗り換えるのは損?

どうも、ヒロです。

一般的に「ピカラ」と言われても何のことか分からない場合が多いですが、
四国に住んでいる人なら「ああ、アレね」とピンと来ると思います。

ピカラは「STNet」という四国電力の子会社が提供している光回線サービスで、
いわゆる電力会社系光回線と言われるものです。

東日本に住んでいると電力会社系光回線というものにはあまり馴染みがありませんが、
 ・コミュファ光(中部電力)
 ・eo光(関西電力)
 ・MEGA EGG(中国電力)
 ・BBIQ(九州電力)
といったように西日本では結構ポピュラーなんです。

NTTのサービスということでフレッツ光を使うのと同じで、
後ろ盾が電力会社という安心感から利用する人も多いんでしょうね。

光回線が一般的になり始めた頃は、四国だとフレッツ光かピカラぐらいしかありません
でしたが、光コラボレーションがある現在ではその選択肢は数百社にも上ります。

そこで現在はピカラを使っているけど、スマホはドコモを使っていることだし、
ドコモ光にでも乗り換えようかと考えている場合も少なからずあると思います。

ただ、フレッツ光からドコモ光なら是非勧めたいところですが、ピカラからドコモ光への
乗り換えは金銭的にお得ではないので正直あまりオススメできません。

ピカラからドコモ光に乗り換えると料金が大幅アップ?

光回線の乗り換え先を検討する上では、通信速度などの使い勝手も大事ですが、
何と言っても料金が安いかどうかが重要ですよね。

いくら通信速度が速くなっても料金がその分大幅に高くなるなら、
継続して利用するのは難しいので乗り換え先の候補としては外れてしまいます。

反対に通信速度は変わらないけど料金が安くなるなら、
乗り換え先として十分に検討の余地ありとなります。

ピカラとドコモ光の料金を比較するとピカラの方が安いので、
ピカラからドコモ光への乗り換えはオススメできないということになるんですね。

まずピカラの料金は、
 ・戸建て・・・5,200円
 ・集合住宅・・・4,000円
が通常料金です。

ドコモ光の料金が
 ・戸建て・・・5,200円または5,400円
 ・集合住宅・・・4,000円または4,200円
で、ほぼ同じです。

ちなみにドコモ光の料金が戸建て・集合住宅それぞれ2種類あるのは、
プロバイダの違いによるものです。

ドコモ光には25社の提携プロバイダがあるんですが、
それがA・B2つのグループに分かれています。

グループBのプロバイダを選ぶと料金が200円高くなるだけで、
特に通信速度が速くなったりなどサービス内容が良くなるわけではありません。

先に「ピカラの方が安い」と書いておきながら実際にはほぼ同じですから、
乗り換えたところで金銭的な損はなさそうですよね。

ところがピカラには「ずっトク割」という割引サービスがあり、
3年や5年といった長期利用契約を結びことで料金が大幅に安くなります。

例えば戸建てで5年契約の「ステップコース5」を利用すると、通常5,200円が
 ・1~2年目・・・4,500円
 ・3~5年目・・・4,400円
 ・6~8年目・・・4,300円
 ・9年目以降・・・4,200円
と段階的に安くなり、最終的には月1,000円の割引が受けられます。

3年契約の「ステップコース3」だと4,600円から始まって10年目以降は4,200円、
「フラットコース」だと1年目からずっと4,900円です。

集合住宅は3年契約の「ステップコース3」と「フラットコース」で、
 ・ステップコース3・・・1~5年目 3,400円
              6年目以降 3,280円
 ・フラットコース・・・3,700円
となります。

なのでずっトク割を利用していると、ピカラからドコモ光へ乗り換えることで
料金が高くなってしまうのでお得じゃないというわけなんですね。

特に戸建てでステップコース、しかも9年10年以上継続して利用していると、
月1,000円も支払が増えることになってしまいます。

ピカラにもスマホとのセット割がある

料金は少々高くなってもスマホとのセット割が利用できるので、
通信費全体で見ればドコモ光の方がお得、という考え方もあります。

しかしスマホとのセット割があるのはドコモ光だけではなく、
実はピカラでもスマホとのセット割は利用できるんです。

「スマホとのセット割が利用できるって言っても、どうせ格安SIMが対象でしょ」
って思いますよね。

ところがピカラで利用できるのは「auスマートバリュー」で、auスマホとのセット割です。

ちなみにピカラ以外の電力会社系光回線でもauスマートバリューは利用できますし、
 ・ビッグローブ光
 ・So-net光
 ・@nifty光
など一部の光コラボレーション、さらにケーブルテレビのJCOMも対象となっています。

auスマートバリューは、割引額こそ最大2,000円とそれほど大きくありませんが、
最大10回線まで割引が受けられます。

対してドコモのセット割は、割引額が最大3,500円と大きいものの、
基本的にドコモ光1回線に対してドコモスマホ1回線しか割引が受けられません。

なので1人や夫婦など家族2人で利用する場合は、
ドコモの方がセット割の割引額が大きくなる可能性があります。

ところが家族3人以上だと、auスマートバリューの方が割引額が大きくなるんですね。

家族3人以上で利用しているのであれば、ピカラをドコモ光に乗り換えるのではなく、
ドコモスマホをauスマホに乗り換えた方がお得だったりしますよ。

auスマートバリューの利用には光でんわが必須

これはピカラに限ったことではありませんが、auスマートバリューを利用する場合には
光回線だけでなく光でんわも利用しなければいけません。

しかもピカラでauスマートバリューを利用すると、
ずっトク割のステップコースは利用できず、フラットコースになってしまいます。

光でんわの利用には別途500円が必要ですから、光回線と光でんわの合計料金は
 ・戸建て・・・5,400円
 ・集合住宅・・・4,200円
となります。

光でんわを利用する必要が無いと考えている場合には、auスマートバリューが
利用できるとは言え、ピカラの料金が高くなるのはちょっと損した気分ですね。

通信速度はピカラでもドコモ光でも同じ?

光回線を選ぶ上で、料金の安さと並んで重要なのが通信速度です。

特に最近は高速回線を利用していることを前提とした、
高画質な画像などをたくさん使ったサイト作りが当たり前となってきています。

さらにネット動画も高画質化しており、
4Kなど地デジにも劣らないほどの画質でネット動画が見られたりもします。

それだけに通信速度が遅いと、動画はもちろん、サイト1つ表示するのにも
時間が掛かってしまい快適にインターネットが使えません。

ピカラもドコモ光も通信速度は最大1Gbpsと同じです。

実測値については利用環境などによって大きく左右されるので、どちらが速いとは
一概には言えず、実際ネットの口コミではどちらも「速い」「遅い」両方の意見があります。

ピカラがプロバイダ一体型でプロバイダが選べないのに対して、
ドコモではプロバイダが25社から選べます。

なので通信速度が速いと評判のプロバイダを選ぶことができますし、プロバイダを
乗り換えることで通信速度の改善が図れるドコモ光の方が良いという考え方もできます。

一方ピカラは四国地方に特化したサービスであり、
比較的狭いエリアで集中的に設備強化ができます。

ところがドコモ光は全国的にサービスを展開していますから、
回線設備の充実で言うとピカラの方が上という風にも考えることができます。

ですからやっぱり、ピカラとドコモ光でどちらが通信速度が速いというのは
一概には言いにくいですね。

ピカラ解約に掛かる費用

ピカラからドコモ光へ乗り換える場合は、
フレッツ光からドコモ光のように回線工事不要の「転用」というわけにはいきません。

ピカラを解約して、ドコモ光を新たに開通させる必要があります。

ピカラの解約に際しては、ずっトク割を利用していると違約金が発生することも
ありますし、回線の撤去費用も発生します。

まず違約金ですが、通常は最低利用期間が2年で、2年未満での解約では
 ・15か月以内・・・35,000円
 ・16か月以上2年未満・・・10,000円
の違約金が発生します。

ずっトク割を利用している場合は、更新月以外の解約で
 ・ステップコース5・・・15か月以内 35,000円
              16~108か月以内 15,000円
              109か月以降 10,000円
 ・ステップコース3・・・15か月以内 35,000円
  フラットコース    16か月以降 10,000円
の違約金となります。

さらにピカラの回線を全て撤去する場合には10,000円、
ONUと宅内側のケーブルのみ撤去する場合は5,000円の工事費用が掛かります。

ちなみに、屋外宅内含めたケーブルもONUも撤去しないのであれば、
工事不要で工事費用も掛かりません。

加えてドコモ光の開通工事費として
 ・戸建て・・・18,000円
 ・集合住宅・・・15,000円
が必要です。

ドコモ光には乗り換えに伴う違約金や撤去費用を負担してくれるサービスが無いので、場合によっては乗り換え費用だけで60,000円以上掛かってしまう恐れもあるんですね。

ピカラの撤去は必須?

乗り換え費用を少しでも安くするのに、
ピカラの撤去工事をしないという方法も無くはありません。

ピカラからドコモ光への乗り換えが引越しに伴うものであれば、
ピカラを撤去せずにそのまま残しておくこともできます。
(大家さんや管理会社に撤去しろと言われる可能性が大ですが・・・)

しかし引越しに伴うものではなく、同じ家での乗り換えだと、
ピカラの回線をそのまま残しておくというのは難しいかもしれません。

光回線の開通工事では、最寄りの電柱から宅内にケーブルを引き込む際に
通常はエアコンのダクト穴などを利用します。

ところがピカラの回線をそのまま残っていると、エアコンのダクト穴などに
ドコモ光のケーブルを通す物理的なスペースが無いということになりかねません。

エアコンのダクト穴などを通せないとなると、当然壁に穴を開けることになるわけですが、
賃貸物件だと壁に穴を開けることは許可してもらえないことも多いんですね。

持ち家でも壁に穴を開けるというのはあまり歓迎すべきことじゃないですから、
多少費用は掛かってもピカラの回線は撤去すべきですよ。

ピカラからドコモ光への乗り換えで電話番号が変わる!?

auスマートバリューの利用には光でんわの利用が必須ですが、ピカラからドコモ光に
乗り換えることで光でんわの電話番号が変わってしまう恐れがあります。

光でんわはNTTのアナログ電話に比べて基本料金や通話料が安いので、
auスマートバリューとは関係無く利用しているという場合も多いと思います。

ところが、ピカラの光でんわの番号が
 ・光でんわ用としてピカラが発番したもの
 ・アナログ電話用でもNTT以外が発番したもの
だと、ドコモ光の光電話への番号の引き継ぎができません。

固定電話の番号って、電気・ガス・水道や保険など各種契約の際の連絡先として
使っていることも多いんですよね。

その固定電話の番号が変わると、
それを連絡先として使っている契約の内容を全て変更しなければならなくなります。

正直、スマホの番号やメールアドレスが変わるのとは比べ物にならないほど、
固定電話の番号が変わるのは面倒です。

引越しに伴って乗り換えざるをえないという場合はともかく、単に
 ・スマホとのセット割が利用できるから
 ・通信速度が速くなりそうだから
などといった理由で乗り換えるのであれば、もう少し慎重に検討した方が良いですよ。

ちなみに、アナログ電話用としてNTTが発番した電話番号をピカラの光でんわで
使っている場合は、「アナログ戻し」を行うことでドコモ光の光電話へ引き継げます。

-ドコモ光への乗り換え

Copyright© ドコモ光は速い?プロバイダ選びが重要です! , 2019 All Rights Reserved.