ドコモ光への乗り換え

ビッグローブ光からドコモ光への乗り換えは転用じゃないの!?

投稿日:

ビッグローブ光からドコモ光に転用はできない!?

どうも、ヒロです。

フレッツ光から光コラボレーションへは、同じフレッツ光回線を使うこともあって、
工事不要な転用という形で簡単に乗り換えられます。

それと同じ感覚で、光コラボレーション同士の乗り換えであれば、
工事不要な転用でいけると思っている場合も多いかもしれません。

しかし実際には光コラボレーション同士の乗り換えは転用にならず、
通常の乗り換え手続きが必要となります。

なので、高額キャッシュバック目当てでビッグローブ光を使っていたけど、やっぱり
スマホとのセット割があるドコモ光に乗り換える、なんてことは簡単にできないんですね。

ビッグローブ光からドコモ光のように光コラボレーション同士の乗り換えでは、
 ・ビッグローブ光の解約
 ・ドコモ光の新規申し込み
 ・ドコモ光の開通工事
という通常の光回線の乗り換え手続きを行うことになります。

同じフレッツ光回線を使うのになぜ転用できない?

ビッグローブ光やドコモ光といった光コラボレーションは、
NTTのフレッツ光の回線を借りるような形でサービスを提供しています。

スマホの「格安SIM」と同じような仕組みと言うとイメージしやすいでしょうか。

なのでフレッツ光から光コラボレーションへの乗り換えは、
そのまま同じ回線を使うことができるので、開通工事が不要になるというわけです。

しかしその理屈なら、ビッグローブ光からドコモ光のように
光コラボレーション同士の乗り換えも工事不要となりそうですよね。

フレッツ光で利用する光ケーブルも光コラボレーションで利用する光ケーブルも、
どちらもNTTが所有しているものです。

フレッツ光から光コラボレーションへの乗り換えであれば、NTTのサービスで
使っているNTTのケーブルを光コラボレーションに貸すことになります。

要するに自分の所有物を人に貸すことになるだけですから、
そのまま引き続き同じケーブルを使うことができるわけです。

ところがビッグローブ光からドコモ光への乗り換えだと、ビッグローブ光が
NTTから借りている回線をドコモ光に「又貸し」することになってしまいます。

元の所有者の承諾が得られれば又貸しすることもできるでしょうが、
現状ではNTTはケーブルの又貸しを許していません。

なのでビッグローブ光からドコモ光のように光コラボレーション同士の乗り換えでは、
転用にはならず、通常の手続きが必要になるんですね。

ビッグローブ光からドコモ光に乗り換える

では、実際にビッグローブ光からドコモ光に乗り換えるには
どうすれば良いのでしょうか?

まずはドコモ光に新規申込をするんですが、
その前にドコモ光で利用するプロバイダを決めておかないといけません。

ビッグローブ光のプロバイダはBIGLOBEだけですから、
プロバイダを選ぶ必要がありませんし選ぶことができません。

ところがドコモ光には、光コラボレーションとしては珍しく25社の提携プロバイダがあり、
まずはその中から利用するプロバイダを選ばないといけないわけです。

ドコモ光の提携プロバイダにはBIGLOBEも含まれているので、乗り換え後も
プロバイダをBIGLOBEにすればプロバイダメールのアドレスが変わりませんよ。

光コラボレーションはプロバイダ一体型のサービスですから、プロバイダによって料金が
変わったり、最大通信速度など基本的なサービス内容が変わることは無いです。

ただしキャンペーンやオプションには違いがあり、プロバイダによっては
新規申込で15,000円のキャッシュバックが貰えることもあります。

またオプションとして
 ・セキュリティソフトが永年無料
 ・開通時の初期設定の代行サービスが無料
などのサービスが利用できたりもします。

同じドコモ光でも、プロバイダが違うと使い勝手が変わることもありますから、
プロバイダは慎重に検討した方が良いと思いますよ。

ビッグローブ光の解約はドコモ光開通後に

ビッグローブ光からドコモ光は通常の乗り換え手続きが必要ということで、
まず最初にビッグローブ光を解約してしまうということもあるかもしれません。

しかしこの場合は、
まずドコモ光に申し込んで開通してからビッグローブ光を解約した方が良いんです。

フレッツ光からビッグローブ光への乗り換えは、工事不要ということもあって、
早ければ1週間から10日程度でできます。

しかしビッグローブ光からドコモ光の場合は開通工事が必要ですから、
開通までには早くても2週間から1か月は掛かります。

先にビッグローブ光を解約してしまうと、ドコモ光が開通するまでの
2週間から1か月は自宅のインターネット回線が使えなくなってしまいます。

最近はスマホという「代替回線」があるとは言え、
2週間から1か月も光回線が使えないというのはさすがに不便ですよね。

そこで先にドコモ光を開通させてからビッグローブ光を解約することで、
自宅で光回線が使えない期間を無くしてしまおうというわけなんです。

先にビッグローブ光を解約しないとドコモ光が開通できないことも

光回線が使えない期間を無くすために、ドコモ光の開通→ビッグローブ光の
解約という順番に手続きをしたいところなんですが、そうはできないこともあります。

光回線の開通工事では最寄りの電柱から宅内に光ケーブルを引き込みますが、
その際通常は壁に穴を開けずにエアコンのダクト穴などを使います。

ところがビッグローブ光の光ケーブルが残ったままでは、エアコンのダクト穴などに
ドコモ光の光ケーブルを通す物理的なスペースが無いという場合もあるんですね。

そうすると壁に穴を開けることになるわけですが、
賃貸物件だと大家さんや管理会社に許可を貰わないといけません。

連絡が付かないなどで許可が貰えないと工事は延期ですし、連絡がついても
壁に穴を開けることが許可されないと工事自体できなくなってしまいます。

壁への穴あけが必要かどうかは、
工事当日にならないと分からないことも少なくありません。

なので確実に壁に穴を開けずにドコモ光を開通させるのであれば、
先にビッグローブ光を解約・撤去した方が良いんですね。

ビッグローブ光からドコモ光への乗り換えはお得?

多少手間は掛かったとしても、
乗り換えることで金銭的にお得になるなら何の問題も無いですよね。

ではビッグローブ光からドコモ光への乗り換えは金銭的にお得なんでしょうか?

まずビッグローブ光の料金は
 ・戸建て・・・2年契約 5,180円
         3年契約 4,980円
 ・集合住宅・・・2年契約 4,080円
          3年契約 3,980円
となっています。

一方ドコモ光の料金は
 ・戸建て・・・プランA 5,200円
         プランB 5,400円
 ・集合住宅・・・プランA 4,000円
          プランB 4,200円
です。

ドコモ光のプランA・Bはプロバイダの違いだけで、料金の高いプランBの方が
最高通信速度が速いなどサービス内容が良いということはありません。
(ちなみにBIGLOBEはプランA)

ビッグローブ光からドコモ光に乗り換えても料金はほとんど変わらず、
プランBのプロバイダを選ぶとかえって高くなってしまうぐらいです。

ですからビッグローブ光からドコモ光への乗り換えは、金銭的に損ではありませんが、
お得とも言えないんですね。

セット割はビッグローブ光の方がお得?

自宅の光回線としてドコモ光を選んだ大きな理由が「スマホとのセット割があるから」
という場合も多いんじゃないでしょうか。

しかしスマホとのセット割が利用できるのはドコモ光だけじゃなく、
ビッグローブ光でも利用できるんです。

ドコモスマホとのセット割はさすがに無理ですが、
auスマホとのセット割である「auスマートバリュー」がビッグローブ光で利用できます。

ちなみにauスマートバリューは、auひかりやビッグローブ光以外にも
 ・So-net光
 ・@nifty光
 ・コミュファ光
 ・eo光
 ・ピカラ
 ・MEGA EGG
 ・BBIQ
なども対象となっています。

ドコモのセット割は、最大3,500円と割引額が大きいものの、
対象となるのがスマホ1回線のみです。

一方auスマートバリューは、割引額は最大2,000円ですが、
対象が最大スマホ10回線です。

なので1~2人での利用であればドコモのセット割の方がお得だったりしますが、
3人以上での利用になるとauスマートバリューの方がお得なんですね。

スマホのセット割が目当てでドコモ光に乗り換えようと考えているなら、
ビッグローブ光はそのままでスマホをauに乗り換えた方がお得かもしれませんよ。

ビッグローブ光には格安SIMとのセット割も

BIGLOBEでは「BIGLOBEモバイル」という格安SIMサービスも行っており、
このBIGLOBEモバイルとビッグローブ光でもセット割が利用できます。

割引額は月300円と小さいんですが、BIGLOBEモバイルの料金が
 ・1ギガプラン・・・1,400円
 ・3ギガプラン・・・1,600円
 ・6ギガプラン・・・2,150円
 ・12ギガプラン・・・3,400円
 ・20ギガプラン・・・5,200円
 ・30ギガプラン・・・7,450円
と、ドコモスマホやauスマホよりも大幅に安くなっています。
(金額は音声通話付きSIMのもの)

BIGLOBEモバイルではドコモ回線とau回線が選べるので、
ドコモ・auどちらからの乗り換えでも端末がそのまま使えますよ。

またYouTubeなどの映像サービスやApple Musicなどの音楽サービスが
通信量ゼロで利用できる「エンタメフリー」もBIGLOBEモバイルにはあります。

より金銭的にお得にしたいなら、スマホをBIGLOBEモバイルに乗り換えて
ビッグローブ光とセットで使うという手もありますよ。

ビッグローブ光からドコモ光への乗り換えに掛かる費用は?

ビッグローブ光からドコモ光に乗り換えることで、料金やスマホとのセット割が
どうなるかも気になりますが、乗り換えそのものに掛かる費用も気になりますよね。

光コラボレーションでは恒常的に「工事費無料キャンペーン」を行っているところも
多いんですが、ドコモ光では期間限定でしか行われていません。

工事費無料キャンペーンが行われていない時期にドコモ光を申し込むと
 ・戸建て・・・18,000円
 ・集合住宅・・・15,000円
の工事費が発生します。

またビッグローブ光を更新月以外に解約すると
 ・2年契約・・・9,500円
 ・3年契約・・・20,000円
の違約金を払わないといけません。

さらにビッグローブ光開通の際の工事費を分割払いにしており、
残債が残っていると一括で清算することになります。

ビッグローブ光の開通工事費は
 ・戸建て・・・30,000円
 ・集合住宅・・・27,000円
とドコモ光より高く、40回と支払回数も多くなっています。

なので2年契約・3年契約が満了して更新月に解約したとしても、
工事費の残債が残っているということも十分考えられます。

運良く、ドコモ光の開通工事費無料キャンペーンが行われている時期に
申し込むことができ、ビッグローブ光の解約も更新月で工事費の残債も
残っていなければ、数千円程度の事務手数料のみで乗り換えできます。

しかし時期が上手く合わないと、
場合によっては40,000円以上の乗り換え費用が発生してしまうこともありますよ。

ビッグローブ光からドコモ光への乗り換えで固定電話の電話番号が変わる!?

携帯電話が一般的に広く普及したことで、
若い世代を中心に固定電話の需要が少なくなってきています。

それだけに自宅で固定電話を使うとしても、NTTのアナログ電話より
基本料金や通話料の安い光電話にしている場合も多いと思います。

ところがビッグローブ光で光電話を利用している場合、
ドコモ光に乗り換えることで光電話の電話番号が変わってしまう恐れもあるんです。

電気・ガス・水道や保険などの契約の際には、
連絡先として固定電話の番号を使うことも多いですよね。

なので光電話の番号が変わると、それらの契約内容を全て変更しないと
いけなくなってしまうこともあるので面倒なんですね。

基本的に「アナログ電話用としてNTTが発番した番号」でないと、
光電話同士での電話番号の引き継ぎができません。

光電話用として発番されたものやアナログ電話用でもNTT以外が発番したものは、
電話番号を持ち運ぶことができないんです。

ソフトバンクは現在でも「おとくライン」でアナログ電話サービスを行っていますし、
auのKDDIにも以前は「メタルプラス」というアナログ電話のサービスがありました。

こうしたソフトバンクやKDDIが発番した番号だとアナログ電話用であっても、
引き継ぐことができません。

またアナログ電話用としてNTTが発番したものでも、光電話同士で番号を
引き継ぐ場合には「アナログ戻し」という作業を行わないといけません。

自宅の固定電話を光電話から一旦NTTのアナログ電話に戻し、
そして光回線乗り換え後に再び光電話にすることで電話番号の引き継ぎができます。

アナログ戻しができて電話番号の引き継ぎができるなら良いですが、できない場合には
光回線の乗り換えそのものを慎重に検討した良いのではないでしょうか。

-ドコモ光への乗り換え

Copyright© ドコモ光は速い?プロバイダ選びが重要です! , 2019 All Rights Reserved.