代理店

ドコモ光は申し込める?「テレコムエージェンシー」の評判は?

投稿日:

ドコモ光の代理店の評判は気にしなくても良い?

どうも、ヒロです。

自宅に光回線を開通させる際、光回線サービスを提供している回線事業者に
直接申し込むより代理店を通して申し込んだ方がお得だったりします。

例えば光コラボレーションであるドコモ光だと、
ドコモ光の公式サイトから申し込んでもキャッシュバックは貰えません。

ところが代理店で申し込むと、
最大15,000円のキャッシュバックが貰えることもあるんですね。

でも光回線の代理店ってそんなに利用する機会が無いので、
本当に信用できる会社なのかどうかを見極めるのが難しいです。

そこでネットの口コミで代理店の評判を調べるんですが、
残念ながら代理店に関する口コミはそれほど多く見られません。

先に名前の出たドコモ光の代理店だと、口コミがあるのは「ネットナビ」ぐらいで、
あとはほとんどネットで評判を知ることはできないんですね。

しかしドコモ光の代理店が経営できているという時点で、ネットに口コミが無くても、
「信用できる」と見ることができます。

実は同じ大手携帯キャリアであるauやソフトバンクに比べて、ドコモは代理店に対する
審査が非常に厳しく、簡単に代理店を経営することができません。

現状ドコモ光の代理店サイトを運営しているのは
 ・ネットナビ
 ・Wiz
 ・Visionary
など数えるほどとなっています。

同じ光回線の代理店でも
 ・NNカンパニー
 ・アウンカンパニー
 ・テレコムエージェンシー
などでは、auひかりやソフトバンク光は取り扱っているものの、
ドコモ光は取り扱えないんですね。

なのでドコモ光の代理店となっている時点で、
すでにドコモの厳しい審査をくぐり抜けているわけですから、
ネットで評判を知ることができなくても気にする必要が無いわけです。

口コミが無いのは評判の良い証拠?

また、ネットに口コミが書き込まれていないのは、
「評判が悪くない」ということの裏返しとみることもできます。

少し話が逸れますが、Amazonなどの通販サイトで買い物をすると、
購入した商品やその商品の出品者についての評価とレビューが書き込めます。

商品の使い勝手や出品者の対応が期待した以上に良かった場合には、
それを他の人にも知ってもらいたいので、レビューを書く手は進みます。

反対に期待以上に悪かった場合にも、他の人に同じ目に遭ってほしくないなどという
思いから、進んでレビューを書き込むと思います。

ところが期待した通りの使い勝手や対応だと、特に書くことが無く、
評価だけしてレビューは書き込まなかったりしますよね。

これと同じで、ドコモ光の代理店も申込者が期待した通りの対応ができているので、
ネットに口コミが書き込まれていないと見ることができるわけです。

代理店でドコモ光を申し込むのって本当にお得?

ドコモ光の公式特典は
 ・dポイントプレゼント
 ・工事費無料
で、先にも書いたようにキャッシュバックはありません。

NURO光やビッグローブ光など他の光回線では公式特典としてキャッシュバックが
貰えますから、キャッシュバックが貰えないと何となく損な感じがしますよね。

しかし
 ・ネットナビ
 ・Wiz
 ・Visionary
などといったドコモ光の代理店には、独自のキャッシュバックキャンペーンがあります。

なので、ドコモ光に直接ではなく、こうした代理店を通すことでドコモ光の申し込みでも
キャッシュバックが貰えるんですね。

キャッシュバック金額はいずれも最大15,000円とそれほど大きくありませんが、
公式だと貰えないわけですから、貰えるだけでもお得だと思いますよ。

代理店のキャッシュバックはタダでは貰えない!?

キャッシュバックが貰える分、
ドコモ光は公式より代理店を通して申し込んだ方がお得なのは間違いありません。

しかしキャッシュバックを貰うために、
ドコモ光を代理店で申し込む場合には注意も必要なんです。

NURO光やビッグローブ光など公式特典としてのキャッシュバックは、
キャンペーンサイトから申し込む以外の条件は付いていないことがほとんどです。

ところが代理店のキャッシュバックでは、
有料オプションへの加入が条件となっていることが多いんです。

例えば「ネットナビ」の場合、新規・転用に関わらず最大15,000円のキャッシュバックが
貰えますが、15,000円貰うには「ひかり電話」と「ひかりTVまたはスカパー」に
加入しないといけません。

また「Visionary」でも、ひかりTVに加入することで
15,000円のキャッシュバックが貰えることになっています。

ひかり電話は月額500円、ひかりTVは月額2,500円、
スカパーはプランによって月額2,973~4,902円の料金が発生します。

これらのオプションを半年ほど継続して利用すると、
オプション料金の支払総額がキャッシュバック金額を超えることになります。

なので金銭面だけで考えると、
キャッシュバック目当てで有料オプションに加入するのは損でしかないんですね。

ちなみに「Wiz」は、
 ・新規・・・15,000円
 ・転用・・・10,000円
と新規・転用で金額は違うものの、有料オプションへの加入する必要はありません。

有料オプションに加入しなくてもキャッシュバックは貰える

ただし、有料オプションに加入しないと1円もキャッシュバックが
貰えないというわけではありません。

ネットナビの場合は、ひかり電話のみで7,000円、
有料オプションへの加入無しだと5,000円に減額されます。

VisionaryもひかりTVに加入しない場合は、
キャッシュバックが5,000円に減額となります。

他の光回線の代理店では、
有料オプションに加入しないとキャッシュバックが貰えないということも少なくありません。

なので減額されるとしても、有料オプションの加入無しでキャッシュバックが
貰えるんですから、お得はお得ですね。

代理店はキャッシュバックの手続きも面倒?

通常のキャッシュバックでは、キャンペーンサイトから申し込むと後日案内メールが届き、
その内容に従って口座登録などの手続きをします。

そして光回線開通後に一定期間が経過すると、
登録した口座にキャッシュバックが振り込まれるという場合が多くなっています。

実際ドコモ光の代理店でもWizの場合は、ほぼこの流れでキャッシュバックが貰えます。

ところがネットナビとVisionaryでは、
キャッシュバックを貰うための手続きが少し複雑になっているんです。

まず申し込みの時点で、
申込者が「キャッシュバック希望」であることを申告しないといけません。

いくらキャンペーンサイトから申し込もうと、キャッシュバック希望と申告しないとキャッシュバックは貰えなくなります。

キャッシュバック希望を申告すると、後日案内メールが届き、
メールに記載されたURLにアクセスして振込口座など必要事項を登録します。

ここまでなら最初に申告が必要なだけなんですが、面倒なのはこの後です。

メールに添付されたpdfもしくは指定サイトでキャッシュバック申込書を
ダウンロード・印刷して必要事項を記入しておきます。

その後ドコモ光が開通したら工事業者から「工事完了受領書」が貰えるので、
そのコピーをキャッシュバック申込書に添付して郵送して、ようやく手続き完了です。

要するに、サイトに必要事項を登録するだけでなく、
紙の申込書も送らないとキャッシュバックは貰えないということです。

もちろん1つでも抜けると、
その時点でキャッシュバックを受け取る権利を失ってしまいます。

代理店にはキャッシュバック以外の特典も

代理店でドコモ光を申し込む最大のメリットは「キャッシュバック」ですが、
それ以外にもお得な特典が付くこともあるんです。

ネットナビでは、ドコモ光開通までの間、
モバイルルーターを無料でレンタルできるようになっています。

実際に自宅に光回線を利用している人は分かると思いますが、
ドコモ光に限らず光回線の開通には日にちが掛かるんですよね。

通常は申し込みから2週間~1か月程度、
時期によっては2か月3か月待ちなんてこともあるぐらいです。

他の光回線から乗り換える場合は、ドコモ光開通に合わせて今使っている光回線を
解約することで、自宅の光回線が使えない期間を無くすこともできます。

ところが引っ越しなどで新たにドコモ光を開通させる場合には、
2週間から1か月も自宅の光回線が使えないことになってしまいます。

最近はスマホでもインターネットができますが、
それほどの長期間自宅の光回線が使えないのはちょっとキツいですよね。

そこで「代替回線」としてモバイルルーターが無料でレンタルできれば、
ドコモ光開通までの光回線が使えない期間を埋めることができるというわけです。

開通前のモバイルルーターレンタルは、ソフトバンク光だと公式サービスですが、
ドコモ光だと代理店ならではのサービスとなっています。

ドコモ光は代理店よりプロバイダで申し込んだ方がお得?

光コラボレーションでは利用できるプロバイダの選択肢が無いことも多いんですが、
ドコモ光には25社の指定プロバイダがあります。

その指定プロバイダはそれぞれにドコモ光の申し込みを受け付けており、
中には独自キャンペーンとしてキャッシュバックを行っているところもあるんです。

キャッシュバックキャンペーンを行っているプロバイダは
 ・GMOとくとくBB
 ・So-net
 ・ぷらら
 ・DTI
の4社です。

いずれのプロバイダのキャンペーンサイトから申し込んでも、
新規・転用に関わらず最大15,000円のキャッシュバックが貰えます。

さらにSo-net・ぷらら・DTIの3社はキャッシュバックに条件は無く、
キャンペーンサイトから申し込んで必要な手続きを行うだけでOKです。

GMOとくとくBBについては、「ドコモ光電話バリュー」という有料オプションに
加入しないとキャッシュバックは5,500円に減額となります。

GMOとくとくBB以外はほぼ無条件で15,000円が貰えますから、
有料オプションへの加入が条件となっている代理店で申し込むよりお得ですね。

ただ、ドコモ光の指定プロバイダには他にも
 ・BIGLOBE
 ・@nifty
 ・OCN
といったキャッシュバックの無い有名どころも含まれています。

プロバイダでキャッシュバックキャンペーンが行われていなくても、
ネットナビなどの代理店で申し込むことでキャッシュバックが貰えます。

なので、こうしたキャッシュバックの無いプロバイダ利用したい場合は、
代理店から申し込んだ方がお得ということになります。

-代理店

Copyright© ドコモ光は速い?プロバイダ選びが重要です! , 2019 All Rights Reserved.